西田矯正歯科ホーム > 無料相談トップ >


2014年10月5日 京都市 30代 女性

出っ歯(側面) 出っ歯(側面) 出っ歯(側面)
出っ歯(側面) 出っ歯(側面)  

はじめまして、宜しくお願いします。

下顎が後退していて、力を入れないと口が開きます。
オトガイにしわができるのも気にしています。

寝ている間は必ず口が開いて、口呼吸になるので、毎日マスクで寝ていますが、口が乾いてしまいます。

子供の頃から鼻の骨が曲がっていて、鼻呼吸ができなかったのもあり、長年口呼吸でした。

今年に鼻の手術を行い、鼻呼吸ができるようになりました。

右顎が顎関節症で、音がなり、肩こりや頭痛もあります。

前歯の歯並びが悪かったので、右3本は削って保険適用の歯をつけてますが、歯茎が紫に変色してきてるのも気になってます。

口元の左右の歪みも出てます。


下顎が後退しているのは、矯正でなんとかなるのでしょうか??

治療法やお値段なども詳細教えて頂けると検討しやすいです。

現在、仕事と、育児中ですので通院の頻度なども合わせた治療法を教えてください。

宜しくお願いします。

こんにちは、西田矯正歯科の西田真です。
唇が閉じにくいことと下顎の後退を気にされておられるのですね。
お写真を拝見すると、下顎の後退と、とくにオトガイの形が気になります。矯正歯科治療としては、普通上下左右の小臼歯を1本計4本抜歯をしますが、既に右上の歯が1本欠損しております。そのため詳しくは、資料をお取りした上で治療方針を検討させて頂きます。また、治療費は手術を前提とした顎変形変形症の治療が必要ならば保険適応になりますが、そう出なければ全額自費扱いになります。これもお写真だけでは、判断しかねますので、直接お口の中を拝見させて頂いて上で、お話をさせて頂きます。


 
西田矯正歯科
日本矯正歯科学会認定医・指導医・専門医
日本成人矯正歯科学会認定医・専門医
歯学博士
〒607-8009
京都市山科区安朱北屋敷町4 [詳細マップ]
ご予約・お問合せ TEL 075-501-5489

ホーム | サイトマップ | 診療案内 | 診療方針 | 診療の流れ | 矯正費用 | 症例写真 | 医院紹介 | 学会活動 | 無料相談 | Q&A | リンク


Copyright (C) 2004-2012 NISHIDA ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.


矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV