西田矯正歯科ホーム > 無料相談トップ >


2014年10月28日 京都市 30代 女性

出っ歯(側面) 出っ歯(側面) 出っ歯(側面)
出っ歯(側面)    

定期的に通っている近所の歯科で6歳、小学1年の娘が受け口の可能性が高いと言われました。
現在生え変わりの時期で下の前歯二本が生え変わり上の前歯二本が抜けている状態です。確かに、家に帰ってきてから子供に下の顎を引いて上の顎を前に出してみてと言っても出来ませんし受け口のように思えます。
診てもらったもらった歯医者さんからは上の前歯が生えてきた時点で少しでもおかしい(下の歯より内側に生える)と思ったらご連絡ください・・・といわれました。その時点で今後どのように対処するか考えるとのことでした。
色々なサイトを見てみると、おかしい、受け口かな?と思った時点で治療を始めた方がいいというサイトもあります。
やはりセカンドオピニオンに行くべきでしょうか?
年齢が小さいうちに矯正しても成長時期にまた受け口が戻ると書いてるサイトもあり悩んでいます。

こんにちは、西田矯正歯科の西田真です。
受け口に関し、いつ受診をすれば良いかを気にされておられるのですね。お写真を拝見するとやはり将来受け口の可能性があります。この治療開始時期に関しましては、いろいろと諸説あります。ただ、まだ上顎前歯が生えてきていませんので、どちらにしても治療は、上の歯の生えてきた時点になると思われます。その時点での治療方針に関し、色々な診断、治療方法に付いてご相談されることをお勧めします。


 
西田矯正歯科
日本矯正歯科学会認定医・指導医・専門医
日本成人矯正歯科学会認定医・専門医
歯学博士
〒607-8009
京都市山科区安朱北屋敷町4 [詳細マップ]
ご予約・お問合せ TEL 075-501-5489

ホーム | サイトマップ | 診療案内 | 診療方針 | 診療の流れ | 矯正費用 | 症例写真 | 医院紹介 | 学会活動 | 無料相談 | Q&A | リンク


Copyright (C) 2004-2012 NISHIDA ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.


矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV