西田矯正歯科ホーム > 無料相談トップ >


2015年1月21日 長野県松本市 30歳 女性

はじめまして。
私はいわゆる乱杭歯でずっと悩んでいます。上の犬歯乳歯の内に1本抜いてますが、歯茎に埋没したまま生えてきません。反対側は外にせりだしてます(吸血鬼みたいに)。
下は左右の犬歯が、鬼歯というのでしょうか?やはり外側にせりだした状態です。出っ歯でも受け口でもありませんが、審美の面で気になっていました。
親知らずは左側の2本抜歯済みです。
ですが、右側は横倒しの状態で歯茎の中に埋没しており、神経が近くにあるので、通っている病院(松本歯科大学)では無理に抜かないが良いと言われております。
矯正するには、これらを抜歯しないことには行えないものでしょうか?
今後京都へ転居の予定があるので、こちらで相談させて頂きました。
読み辛い文章で申し訳ありません…。
よろしくお願いいたします。

こんにちは、西田矯正歯科の西田真です。
上下の八重歯、埋伏犬歯、右側下顎の埋伏智歯を気にされておられるのですね。
検査後に治療方針を決定させていただきますが、一般的に埋伏犬歯を牽引するために、犬歯の後ろの小臼歯を抜歯しますし、他の犬歯も同様です。ただ、埋伏犬歯は場合により抜歯して、後ろの小臼歯を犬歯の代用にすることもあります。智歯の抜歯に関しましては、そのままにしておくこともありますし、矯正歯科治療にどうしても支障がある場合は、入院して抜歯していただくケースもあります。
詳しくは、一度お口の中を拝見させて頂いた上で、ご説明させて頂きます。


 
西田矯正歯科
日本矯正歯科学会認定医・指導医・専門医
日本成人矯正歯科学会認定医・専門医
歯学博士
〒607-8009
京都市山科区安朱北屋敷町4 [詳細マップ]
ご予約・お問合せ TEL 075-501-5489

ホーム | サイトマップ | 診療案内 | 診療方針 | 診療の流れ | 矯正費用 | 症例写真 | 医院紹介 | 学会活動 | 無料相談 | Q&A | リンク


Copyright (C) 2004-2012 NISHIDA ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.


矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV