西田矯正歯科ホーム > 無料相談トップ >


2016年2月14日 滋賀県 20代 女性

上下顎の前歯がやや前突傾向(側面) 上下顎の前歯がやや前突傾向(下顎) 上下顎の前歯がやや前突傾向(上顎)
上下顎の前歯がやや前突傾向(正面)    

娘(20歳)の永久歯欠損についてご相談したいです。

上顎左右犬歯2本が永久歯先天性欠如で、未だ乳歯が残っていますが、グラグラしていて、いつ抜けてもおかしくない状態だという診断です。

かかりつけ医院から矯正が一番いいだろうと紹介してもらった矯正専門歯科では上下の歯の数を合わせるために、上顎左右の乳犬歯とともに下顎左右第2小臼歯2本の抜歯が必要という診断でした。

ただでさえ永久歯の数が足らないのに、健康な永久歯を2本も抜くことにどうしても抵抗があり、決断できないでいます。

下顎を非抜歯のまま、上顎の犬歯部分の空間をうめることはできないのでしょうか。

親不知が4本とも埋没しているようなので、上顎の親不知を将来的にかみ合わせに参加させることで、上下の歯の数をあわせることは不可能でしょうか?

ちなみに娘は舌癖のために噛み合わせは浅い状態のようです。
また、上下の顎前歯はやや前突傾向だといわれました。

お忙しい中恐縮ですが、よろしくお願いもうしあげます。

こんにちは、西田矯正歯科の西田真です。
抜歯をするかどうかでお悩みのことと存じます。
直接お口の中を拝見していないので正確なところは判りかねますが、上下顎の前歯がやや前突傾向であるならば、下顎左右2本の小臼歯抜歯も治療方法の一つとして考えられます。
ただ、お写真で判断する限り、前突感は認められませんので、左右の乳犬歯のスペースを矯正歯科で拡大してインプラントを埋入することができるかもしれません。インプラントをされておられる先生にご相談下さい。なお、下顎非抜歯で、上顎智歯を利用して上顎犬歯のスペース閉鎖は、20歳の年齢ではまず不可能だと思われます。

お忙しい中、とても詳しく御回答下さり、 ありがとうございます。
やはり、下顎の非抜歯での矯正は無理なのかもしれませんね。
御回答頂き、少し、ふんぎりがつきそうです。
インプラントは、20歳という年齢と上顎という事もあり、 今のところ、選択肢から外しているのです。
ご意見、とても、参考になりました。
本当にありがとうございました。



 
西田矯正歯科
日本矯正歯科学会認定医・指導医・専門医
日本成人矯正歯科学会認定医・専門医
歯学博士
〒607-8009
京都市山科区安朱北屋敷町4 [詳細マップ]
ご予約・お問合せ TEL 075-501-5489

ホーム | サイトマップ | 診療案内 | 診療方針 | 診療の流れ | 矯正費用 | 症例写真 | 医院紹介 | 学会活動 | 無料相談 | Q&A | リンク


Copyright (C) 2004-2012 NISHIDA ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.


矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV