西田矯正歯科ホーム > 無料相談トップ >


2016年3月21日 宇治市 50代 女性

交叉咬合があり下あごが左にずれています。今まで矯正をせずに補綴物にて治療をしています。インプラントも奥歯に上下1本ずつあり、ブリッジも右上奥にあります。このような状態でも矯正治療は可能でしょうか?

こんにちは、西田矯正歯科の西田真です。
下あごが左へずれている事でお悩みのことと存じます。
お口の中を拝見していないので正確なところは判りかねますが、普通矯正歯科治療は改善は可能です。ただ、インプラントの上の被せた物や、ブリッジを矯正歯科治療の装置を装着するまでに、もしくは矯正歯科治療終了後にやり直していただくことが必要になってきます。
詳しくは、直接お口の中を拝見させていただいた上で、治療方針の概略をご説明させていただきます。


 
西田矯正歯科
日本矯正歯科学会認定医・指導医・専門医
日本成人矯正歯科学会認定医・専門医
歯学博士
〒607-8009
京都市山科区安朱北屋敷町4 [詳細マップ]
ご予約・お問合せ TEL 075-501-5489

ホーム | サイトマップ | 診療案内 | 診療方針 | 診療の流れ | 矯正費用 | 症例写真 | 医院紹介 | 学会活動 | 無料相談 | Q&A | リンク


Copyright (C) 2004-2012 NISHIDA ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.


矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV